さらに
絞り込む
該当プラン数 138
滑走路上の飛行機

空港から青の洞窟が魅力の恩納村までの行き方!人気のツアーもご紹介!

最終編集日時;
投稿日時;

那覇空港から恩納村までの行き方

沖縄の空を飛ぶ飛行機

沖縄本島の観光地として人気の高いスポットの一つが、県内有数のリゾート地である恩納村です。

恩納村は沖縄本島の西海岸沿いに広がるエリアであり、青く美しい海に面するように数多くのリゾートホテルが軒を連ねています。

また、恩納村は広い沖縄本島のちょうど中心辺りに立地していて、各方面に足を延ばしやすいことから、恩納村の宿泊施設を観光の拠点とする人が多い土地です。

そのため、沖縄の玄関口である那覇空港に降り立ち、そこからまず恩納村の宿へと直接赴くというルートは、観光客の中の旅行ルートの定番となっています。

そこで今回は、那覇空港から恩納村への道のりと、恩納村の観光スポットの数々を順にご紹介させていただこうと思います。

 

車(レンタカー)を使った場合

それでは、沖縄観光で最も頻繁に用いられる移動手段であるレンタカーでの移動について、まず見ていきましょう。

那覇空港から恩納村までの距離は、高速道路である沖縄自動車道を利用した場合でおよそ55km。

沖縄自動車道を利用するルートの場合、沖縄自動車道の「沖縄南IC」で下車し、そこから国道58号線を辿っていくという道順になります。

高速道路ですので410円の利用料が必要ですが、所要時間はおよそ50分とかなりスピーディーに移動することができるでしょう。

もう一つ、沖縄自動車道を利用せずにひたすら下道を進んでいくルートでも恩納村に向かうことができます。

こちらは国道58号線に沿ってずっと進んでいくだけとなっており、所要時間は車の速度や渋滞の状況などにも左右されますが、概ね1時間15分から30分程度。

単純に時間だけを見れば沖縄自動車道ルートの方が良いように思えますが、国道58号線は西海岸に沿った美しい景観が続いています。

ドライブコースとしてもかなりの人気がある道ですので、時間の都合と好みに応じて使い分けるのがおすすめです。

 

リムジンバスを使った場合

沖縄本島の主要観光エリアの一つである恩納村と那覇空港の間は、沖縄バスが運行する空港リムジンバスで繋がっており、これを利用するのも一つの手です。

このバスには7つの路線があり、それぞれAからEエリア、そしてCDエリア、DEエリア行きというように区分されています。

いずれの路線も那覇空港国内線、那覇空港国際線、那覇バスターミナルを巡りながら旅客を拾い、そこから恩納村内に立地する各リゾートホテルへと赴きます。

自分が宿泊する予定のホテル名と路線図を照らし合わせ、間違いのないようにバスを選びましょう。

所要時間は降車する場所にもよりますが、目安としては1時間から1時間半程度となっています。

ルートによって1日の運行本数に差があり、観光シーズンとそれ以外でも変わってきますので、訪れる時期によってしっかりと下調べをすると良いでしょう。

 

タクシーを使った場合

タクシーの利用も、移動手段の一つとして挙げられます。

ただし、那覇空港から恩納村までは上で述べたようにかなりの距離がありますので、料金がかなり高額になることは覚悟しておきましょう。

具体的な料金の目安として、恩納村のどの地域まで行くにせよ、最低でも6000円以上は見込んでおきたいところ。

恩納村は縦長なエリアなため、村内の北部まで赴く場合はさらに数千円が追加で必要となる可能性を留意しておきましょう。
小型・中型タクシーは、その土地によって料金が変わりますが、沖縄は初乗り料金が560円、336mごとに70円が加算されていくという料金体系をとっています。

ご自身の目的地までの距離を調べて、事前に大まかな運賃をチェックしておいても良いかもしれませんね。


恩納村の魅力

一通りの移動手段をご紹介させていただいたところで、続いて目的地である恩納村のさまざまな魅力に迫っていきましょう。

冒頭でも述べたように、恩納村の長所の一つに数えられるのは島内各方面へとアクセスしやすい整備された交通網です。

これは1975年に沖縄本島で開催された国際海洋博覧会をきっかけとして整えられたもので、世界中から人々を招く上での交通の中心点となる恩納村は、大いに恩恵を受けました。

利便性が向上したことで持ち前の景観の良さに注目が集まり、陸海ともに目を奪われるような絶景ばかりの恩納村は、たちまちリゾート地へと成長を遂げました。

国内初進出の海外ホテルチェーンが経営するリゾートホテルなどもあり、ラグジュアリーな観光体験をすることが、可能です。

 

沖縄屈指の美しい海

ビーチ51

そんな、恩納村の最大の観光資源は、西海岸から臨める美しく青い海。

特に、海水浴や海でのアクティビティなどを沖縄旅行に期待されている方は、ぜひ恩納村へと足を運ぶべきだと言えます。

沖縄の海の美しさは青さと透明度に起因していますが、その二つの要素はいずれもサンゴによって生み出されているものです。

サンゴは、かなり特殊な生態の刺胞動物という分類で、クラゲなどの仲間です。

ふわふわとした外見のクラゲと硬質なサンゴでは印象がまるで異なりますが、実はサンゴもクラゲなどと同様に毒のある触手を持っています。

と言ってもクラゲのように海中を泳ぐわけではなく強毒でもないため、過度の心配は必要ありませんが、とにかく同種の生き物なのです。

そんなサンゴのユニークな生態の一つとして、体に褐虫藻という植物を住まわせて共生しているという点が挙げられます。

この褐虫藻が、海中で光合成を行うことで海中の二酸化炭素が減り、酸素とミネラルが排出されることで、沖縄の海は透明度を増しているのです。

加えて、死んだサンゴの骨は石灰質の砂となって海底に積もり、真っ白なそれに陽光が反射することで光の波長の中の青色が強調されて、海の青さが生まれています。

恩納村の海は、沖縄本島の中でも有数のサンゴの群生地となっているため、優れた美しさが保たれているというわけですね。

 

広大な自然に感動

沖縄の海と女性

そしてもう一点、陸地の自然も充実しているというのも、恩納村の見逃せないアピールポイントです。

みなさまもご存知の通り、沖縄本島は非常に温暖な気候の島です。

鹿児島県よりも700㎞以上南方という立地上、沖縄本島は亜熱帯気候となっており、その暖かな環境下においては、本土で見られない多数の亜熱帯植物が育ちます。

花であればハイビスカスやブーゲンビリア、樹木だとガジュマルやマングローブなど、見慣れない植物たちの姿にはそれだけでも心が洗われるもの。

恩納村においては、そんな草木や花々に囲まれた中で自然景観を眺められるスポットが多数存在しています。

代表的なものとしては、沖縄本島でも随一の景勝地とされる万座毛(まんざもう)が挙げられ、高さ20mの崖の上に広がる緑とそこから見渡せる東シナ海は、最高のロケーションです。

その他にも、村のエリアの中に一日ではとても巡り切れないほどの自然景観がいくつも点在していますので、じっくり腰を据えて観光を楽しむ方も多い土地となっています。

 

超人気スポット青の洞窟

沖縄 青の洞窟  シュノーケリング

さて、恩納村を語る上で決して欠かすことができないのが、青の洞窟です。

青の洞窟と同名のスポットは、世界各地にいくつか存在しています。

その全てにおいて、海蝕洞かつ洞窟内が青い光で輝いているという、特殊な特徴を持っています。

この青い光は上で触れた沖縄の海の青さと同種のものであり、海底に積もったサンゴの白砂に陽光が照らし返されることで生じたもの。

しかし、洞窟内でいくつかの地形的な条件が複合的に噛み合った状態で、この現象が起きると、海面から洞窟へと広がった青光は奇跡的な美しさを発揮するのです。

 

青の洞窟の魅力

青の洞窟でダイビング

青く輝く洞窟は天然のものとは思えない美しさに満たされていて、まるで人工のイルミネーションのようだと例える人もいるほど。

そんな自然が生んだ奇跡とも言えるスポットでありながら、恩納村の青の洞窟は訪れやすい立地であるという点も大きな魅力となっています。

青の洞窟は、真栄田岬(まえだみさき)という有名な岬のすぐ隣に位置しており、真栄田岬の広々とした駐車場に車を停めて訪れることができるのです。

レンタカー移動が基本となる沖縄観光においては、駐車場の有無は大きな問題。

そこを心配せずに済むという点は、非常に大きな魅力と言えますね。

 

青の洞窟の楽しみ方

そして真栄田岬では、青の洞窟でアクティビティを楽しむためのツアーや用具貸し出しが行われています。

なんと、洞窟内の海でシュノーケリングやダイビングを体験することができてしまい、青く輝く水面へと潜っていくアクティビティは、この上ない贅沢な体験として大人気。

特にシュノーケリングは資格や経験が必要なく、訪れたその場で初心者であっても参加することができるため、非常におすすめですよ。

また、アクティビティに参加せずとも、青く輝く洞窟の光景は非常にフォトジェニックなものです。

絶好の写真撮影スポットですので、ぜひ思い出に残るような一枚の撮影にチャレンジされてみてください!

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカーで移動されている場合は、ぜひカーナビを参考にしましょう。

「青の洞窟」よりも「真栄田岬」で道を検索するのがおすすめです。

バスを利用して移動する場合は、バス停「久良波」で下車し、そこから徒歩で約10分の道のりとなっています。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

恩納村で楽しめるアクティビティ

青の洞窟をはじめ、海や川など水辺の環境に恵まれた恩納村では数多くのアクティビティを体験することが可能です。

恩納村で楽しめるアクティビティから特におすすめなものを5つピックアップさせていただきましたので、順にチェックしていきましょう。

 

シュノーケリング

シュノーケル

恩納村の海は眺めて楽しむのも良いですが、やはり一度は潜って海中の美しさを堪能しておきたいものですよね。

そんな願望を叶えてくれるのが、大人気アクティビティのシュノーケリングです。

青の洞窟の項目では、真栄田岬でツアーや用具のレンタルが行われているとご紹介しましたが、恩納村には同様のスポットが数多く存在しています。

観光用のビーチなら、ほとんどの場所でシュノーケリングを楽しめる準備があるため、心置きなく海中遊泳を楽しめることでしょう。

海に潜ると聞くと、夏以外の季節は寒さが心配になるかもしれませんが、亜熱帯気候の沖縄は冬でも非常に温暖です。

なんと、真冬にあたる12月から2月にかけての期間も最高気温は20℃に達する日が多く、平均気温も15℃程度までしか下がりません。

水着の上からウェットスーツやラッシュガードをレンタルで着用してしまえば、寒さを感じることは、ほとんどないでしょう。

 

ダイビング

ダイビング

シュノーケリングと並んで人気なのが、同じく海への潜水を楽しめるダイビングです。

こちらは、より専門的な装備を装着して深い海へ長時間潜るというアクティビティの特性上、講習の受講とライセンスの取得が求められる本格的なアクティビティとなっています。

ハードルは若干高めですが、酸素タンクを背負っての長時間潜水は、大きな魅力で溢れています。

恩納村の海中を気ままに泳げば、カラフルなサンゴや熱帯魚たちと思う存分触れ合うことができるでしょう。

難しそうに感じるかもしれませんが、ダイビングはしっかりとライセンスさえ取得してしまえば事故率が0.01%に留まります。

恩納村への来訪を期に、長期的なスパンでライセンスの取得を目指してみるのはいかがでしょうか?

 

SUP

SUP

沖縄の海でリラックスするのが旅行の目的という方には、ぜひSUPを体験してみることをおすすめします。

SUP(Stand Up Paddleboard)は、ハワイのワイキキでサーファーたちの練習として生まれたアクティビティ。

大判のサーフボート、またはSUP専用ボードを海に浮かべ、波間にバランスを取りつつパドルで漕ぎ進めていくというアクティビティとなっています。

サーフィンと違い、来た波に乗るわけではなく、あくまで海の上をボートのようにパドルで漕いでいくのがSUPの目的。

これが想像以上に快適で、バランスを取ることで全身運動をして体をほぐしつつ、視界を遮るものがない状態で、青い海をたっぷりと眺めることができてしまいます。

難易度も決して高くありませんので、どなたでも気軽に楽しめる点もが、SUPの特徴といえるでしょう。

 

カヌー・カヤック

シーカヤック

海の景観を思う存分味わいたいのであれば、カヌー・カヤックもぜひ体験していただきたいアクティビティです。

競技用のカヌーやカヤックと比べ、アクティビティ用のものは重心が安定していて転覆しにくく、操船も容易なのが特徴と言えます。

老若男女問わず参加することができ、二人乗りが可能なため、幼いお子様であっても保護者同伴であれば安心して楽しめるのです。

船を漕ぐ手を止めて海面を見つめれば、クリアな海の中をアクアリウムのように覗き込むこともできます!

 

パラセーリング

絶景パラセーリング

海と同様、南国の空も、青く美しく爽快な魅力を有しています。

そんな空を駆け抜けていくような体験ができるのがパラセーリング。

水上バイクとロープで繋がった状態のパラシュートを身に着け、凧揚げのような要領で空を舞うことができます。

空の上から恩納村の海を見下ろせば、海と砂浜の青と白のコントラストはまさに絵画のよう。

南国の日差しと海風を受けながら空を猛進していく感覚は、地上では決して得ることのできない最高にエキサイティングなものだと言えるでしょう。

ぜひ、体験されてみることをおすすめします!

 

おすすめのツアー3選

恩納村で参加できるツアーから、人気の高いものを3つご紹介させていただきます。

那覇空港からのアクセス性にも優れたツアーを集めましたので、参加しやすさも抜群です。

下記にツアー内容の案内と詳細情報へのリンクを掲載してありますので、ぜひ参考にしてください!

 

ガイド独占!完全貸切!SUPコース

アクティビティを楽しむためのツアーは、大人数に対して1人のガイドが付くシステムのことが多く、他の観光客のグループに気を遣わなくてはならないということがありがちです。

その点、こちらのツアーは専属ガイドが帯同してくれるため、他の方に気兼ねすることなく、目一杯SUPを楽しむことができてしまいます。

少人数でじっくりと丁寧な指導を受けられるため、自分たちのペースでのびのびとSUPのテクニックを磨いていくことができますよ!

 

初心者大歓迎!青の洞窟シュノーケルコース

シュノーケリングを経験したことがない方にぜひおすすめしたいのが、青の洞窟内部の海への潜水にチャレンジできるシュノーケルコースです。

青の洞窟の海は、美しいだけでなく穏やかで、水深が浅い箇所もあるためシュノーケリングを練習するのに最適です!

初心者向けツアーですので、丁寧な技術指導を受けることができ、幼いお子様からご年配の方、また泳ぐのが得意でない方まで、安心してご参加いただけるツアーとなっています。

 

青の洞窟体験ダイビング

シュノーケリングに適した青の洞窟は、同じく潜水アクティビティであるダイビングを行うのにも大変適しています。

このツアーで行うのは、ライセンス取得の必要がない体験ダイビングで、ガイドが同伴して潜ってくれるため、安全に深い海を楽しむことができます。

また、ガイドの方が水中で記念写真を撮影してくれますので、恩納村観光の思い出作りにもピッタリです!

 

まとめ

今回は、那覇空港から恩納村への道のりと恩納村での観光を、ご案内させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

立地、ロケーション、充実した観光施設と、さまざまなアクティビティ。

恩納村は沖縄旅行に多くの人々が求める要素の、大半が揃っている土地だと言えます。

沖縄への旅行をご検討中の方は、ぜひ恩納村に宿を取られてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

アクティビティから探す

一覧を見る
当日予約OK