さらに
絞り込む
該当プラン数 143
恩納村

青の洞窟が魅力の恩納村の歴史について

最終編集日時;
投稿日時;

恩納村の歴史

沖縄の自然

沖縄本島で有数の観光リゾート地、恩納村をご存知でしょうか。

恩納村があるのは、沖縄本島の中心あたり、西海岸に面しています。

南北27.4km、東西4.2kmと細長い形をした村で、海沿いにたくさんのリゾートホテルが並んでいるリゾートスポットです。

この土地が恩納村と制定されたのは1900年代の初頭のことで、それまでは12の村を合わせて恩納間切という琉球王国時代からの土地区分で呼ばれていました。

恩納村が現在のようにリゾート開発が進んだ土地へと成長したのは、1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会がきっかけ。

36もの国々が参加して期間は半年にも及んだイベントを滞りなく行うために、恩納村一帯の道路工事が進められ、一気に開けた土地となったのです。

交通の便が良くなったのを皮切りに、恩納村は西海岸沿いという恵まれた立地を活かせるリゾート地へと躍進を遂げました。

今回はそんな恩納村の魅力について、人気観光スポットの紹介を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

恩納村博物館で歴史を学ぼう

恩納村は、観光環境を整える一環として、村の歴史や文化、風土などを正しく伝承するための博物館を2001年に設立しました。

博物館造成計画にはかなりの力が入れられており、そのおかげもあって非常に充実した内容の展示がある博物館となっています。

展示ゾーンは3つに分かれており、民俗展示「恩納のくらし」、映像シアター「神々が護る村」、歴史展示「恩納のみち」とバリエーション豊かな展示が行われています。

琉球王国時代や太古にまでさかのぼった村の歴史を知ることができ、それらの知識は観光で各所を巡る際にさらなる深みと鮮やかな彩りを与えてくれることでしょう。

 

たくさんの展示物

それぞれのコーナーごとの展示は、非常に充実した内容となっています。

民俗展示「恩納のくらし」では、西側を海、内陸部を山に囲まれているという立地に根差した恩納村の人々の暮らしが紹介されています。

展示自体も、ただ資料や文章を淡々と並べたという類のものではなく、実際に生活に用いられていたような道具、こだわりの映像や模型などを含めたものとなっており、退屈しません。

歴史展示「恩納のみち」では、貴重な資料によって過去から現代までの恩納村の歴史を振り返ることができます。

また展示ホールには椅子やテーブルが設置されていて、美しい海を一望することもできますから、充実した展示を見て回って疲れた際に一休みできるという点も嬉しいですね。

 

恩納村の新たな魅力を発見できるかも

さらに嬉しいポイントとして、恩納村博物館では常設展示以外の企画展も積極的に実施されています。

展示テーマは、その時期によってさまざま。

一例として挙げるのなら、恩納村の海に群生して、海の環境構築、村の暮らしに密接に関わってきたサンゴ礁に関する展示のように、焦点を絞ったテーマに関して展示が行われており、知見を深めることができます。

一度訪れて終わりという施設ではなく、何度訪れても楽しめるのが特徴の施設ですので、リピーターも多いそうです。

夏休みなどの長期休みにお子様を連れて旅行に訪れた際の来訪先としてもピッタリですね。

 

恩納村の魅力

さて、恩納村の魅力は多岐に渡ります。

まず第一の魅力と言えるのが、なんといってもその利便性。

冒頭部でも述べさせていただきましたが、恩納村の発展は海洋博覧会に伴う道路整備が発端でした。

そのため、現在でも交通の便が良く、島の中心部という位置も併せ、島内全ての観光地へと赴きやすい絶妙な立地をしています。

もちろん市街地や空港といった主要な施設とのアクセス性も良好。

リゾートホテルも多数並んでいるため、面積の広さから移動に時間を奪われてしまいがちな沖縄本島旅行の拠点として、最適な土地となっています。

そして恩納村のエリア内にも多数の観光施設や景勝地、アクティビティスポットが点在しており、村内だけでも1週間かけても遊びきれないほどの楽しみで満ちているのです。

 

沖縄屈指の美しい海

ビーチシュノーケル

村内の多種多様な見所の中でも、大きな魅力のウェイトを占めているのはやはり青く透明な海。

恩納村は島の西海岸に面したエリアであり、いくつもの観光に適したビーチへと容易く足を運ぶことができます。

その種類も、整備されていて遊びやすい人工ビーチから沖縄の原風景を残した天然ビーチまで様々です。

醍醐味である海へとすぐに足を運ぶことができる点は大変魅力的です。

さらに恩納村は「世界一サンゴに優しい村」を村全体の方針として掲げていて、その言葉に見合うだけのサンゴ保全への取り組みが進んでいるため、豊富なサンゴ礁を目にすることができます。

 

広大な自然に感動

恩納村にひろがる自然

また、恩納村で出会える美景は、海だけではなく陸地にもたくさん。

鹿児島よりもさらに700km以上南に位置する沖縄は亜熱帯気候の地域に属しており、年間を通して温暖な気温が保たれていることはご存知の方が多いかと思います。

そんな暖かな気候は、本土とは種類の異なる南国の植物を数多く育んでおり、恩納村ではそういった亜熱帯植物を見ることが可能です。

地形も眺望に優れた美しい岬や、ゴツゴツと力強い景観が魅力の断崖など多彩で、フォトジェニックな自然景観が目白押しとなっています。

さらには、自然の中でのピクニックやキャンプ、バーベキューなどを楽しむのに最適な県民の森もありますので、たっぷりの緑と触れ合うことができますよ。

 

超人気スポット青の洞窟

恩納村の青の洞窟

そんな恩納村の自然ロケーションの中でも代表的なものとして挙げられるのが、真栄田岬(まえだみさき)のすぐそばに位置している青の洞窟です。

青の洞窟とは、海に隣接して窟内へと海水が侵入した海蝕洞のうち、自然光が反射し、その中の青い光が強調されて内部が青く照らされている洞窟を指した言葉。

世界や日本各地にいくつも同様に「青の洞窟」と呼ばれているスポットはあるのですが、恩納村のものはその中でも指折りの人気と知名度を誇るものとなっています。

恩納村のみならず、沖縄本島全域で見ても一、二を争う人気観光スポットです。

 

人気の観光スポット5選

それでは、さらに具体的に人気の観光スポットを見ていきましょう。

いずれも負けず劣らずの名スポット揃いです。

 

青の洞窟

青の洞窟

まず、先ほど少しご紹介した青の洞窟についてもう少し詳しくお話したいと思います。

青の洞窟の中が青い光で照らされているのは上述の通りで、これは洞窟に差し込んだ太陽光が水底に照り返され、波長の違いによって青い光だけが水面に届いて生まれる現象です。

天然の太陽光が光源のため、訪れる時間帯や空模様によって洞窟内の様子が変わるのも面白いところ。

特に晴天の日、光の角度が良好な早朝から午前中にこの洞窟を訪れると、さながら人工のイルミネーションイベントを思わせるほど青く輝く洞窟に出会えるはずです。

 

人気の理由・見所

そしてここが人気を博している理由はただ美しいというだけではありません。

すぐ隣の真栄田岬では、着替え可能なロッカーやシャワーがあり、アクティビティ用具の貸し出しも行われているため、なんと青の洞窟でのシュノーケリングなどが楽しめてしまうのです。

さらに嬉しいのが、広い駐車場が完備されているという点。

沖縄旅行においてメインの移動手段となるのはレンタカーですので、車を停める場所の心配をしなくていいというのは大きなアドバンテージですね。

自然の神秘を感じられる最高のロケーションスポットでありながら、利便性も抜群。

複数の好条件によって、青の洞窟は常に観光スポットの中でも高い人気を誇っているのです。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカーで移動する際は、真栄田岬の名称をナビに入力してルートを出すと、正確な道を知ることができます。

迷いやすい立地でもないため、運転や地図に自信のない方でも問題なく辿り着けるはずです。

また那覇空港から直接向かう際は、高速道路利用で1時間ほど、下道を利用して1時間半ほどで到着できるでしょう。

公共交通機関の利用であればバス移動となります。

「久良波」のバス停で降り、そこから徒歩10分ほどの道のりとなっています。

 

万座毛

万座毛

二つ目に紹介させていただくスポットは、高さ約20mの琉球石灰岩でできた断崖絶壁、万座毛(まんざもう)です。

琉球石灰岩とは、名前に琉球と付いている通り沖縄特有の地質で、なんと海底のサンゴ礁が隆起したものが長い年月を経て岩となったもの。

実際にこの崖を目の当たりにすると、独特のユニークな見た目をしていて、通常の岩でできた断崖とは違った様子を感じられ、元はサンゴだったということに納得できるでしょう。

万座毛という変わった名前は、1726年琉球の王様であった尚敬王が、崖上に広がる草原に対して「万人が座するに足る毛(万人を座らせるのに十分な野原だ)」と称したことに由来しています。

 

人気の理由・見所

尚敬王がその言葉を口にしたのも納得なほど、万座毛の崖の上は広々としていて風光明媚。

ただの岩場のような殺風景な崖ではなく、芝生が茂って南国の植物が自生している自然豊かな場所であり、沖縄海岸国定公園となっていてのんびりくつろげる場所です。

崖の先には広大な東シナ海が広がっており、恩納村でも随一の好ロケーションと出会うことができます。

かつての王様の気分に浸りながら、エメラルドグリーンに輝く大海原を写真に収めてみるのはいかがでしょうか?

200台以上停められる広々とした駐車場もあるため、気軽に訪れることができますよ。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

万座毛も青の洞窟と並ぶ有名なスポットなため、ナビに地名を入れればすぐにルートが表示されます。

恩納村のエリア内からであれば、どこからでも迷うことはまずないでしょう。

那覇空港も距離は高速道路か一般道かによってそれぞれ1時間弱から1時間半ほど。

バス利用であれば「万座ビーチ前」のバス停で降り、そこから徒歩ですぐ目の前となっています。

 

琉球村

沖縄の自然景観を楽しめるスポットから少し趣向を変えて、今度は沖縄の空気感をたっぷりと味わえるテーマパーク、琉球村をご紹介いたします。

琉球村は琉球、沖縄に代々受け継がれてきた歴史や民族文化、さまざまな風習などをひとまとめに体験できる施設であり、毎年多くの観光客が訪れているスポットです。

赤瓦が特徴的な古民家の中には、国の有形登録文化財に登録されているものも多く、家の中から聞こえてくる三線の音色は沖縄旅情を大いに感じさせてくれます。

 

人気の理由・見所

目玉と言える施設は、村内にある全天候型のドーム型施設、「沖縄の駅ちゃんぷるー」。

この施設ではさまざまな体験をすることができ、琉球時代からの民芸品の手作り体験などを楽しめます。

またお土産屋も充実しており、お菓子や食べ物をはじめ、民芸品から沖縄定番のお酒である泡盛までラインナップは多種多様。

さらに施設内には沖縄料理に舌鼓を打つことができるお店もあり、目だけでなく舌も大いに満足させてくれるでしょう。

さらに1日に2回、沖縄の伝統的な踊りであるエイサーの演舞も行われているため、時間が合えばこちらもしっかりとチェックしておきたいところ。

駐車場も無料なため、大変利用しやすいスポットです。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

琉球村もナビへの入力でしっかりと住所が表示されますので、恩納村からの移動には苦労しないでしょう。

那覇空港から向かう際は国道58号線を北へ、およそ1時間ほどの道のりとなっています。

バス利用の際は「琉球村前」というわかりやすいバス停がありますので、そこで降りれば目の前です。

 

ビーチ51

沖縄観光といえばやっぱり海。

恩納村にはいくつもの浜辺がありますが、その中でもロケーションの美しさからオススメしたいのがビーチ51です。

ビーチ51は青の洞窟と同じく真栄田岬すぐそばにあり、非常に訪れやすい立地が魅力の一つ。

沖縄において海は大きな観光資源であり、有名なビーチの多くは丁寧に整備された人工ビーチが多くなっています。

しかし、ビーチ51は人の手が入っていない天然ビーチであるという点が大きな特徴です。

 

人気の理由・見所

天然ビーチは、散策はできても遊ぶのには適さない場合も多いのですが、ビーチ51は穏やかな遠浅の海なので、安全に海遊びを楽しめます。

引き潮の時間になると浅瀬を散歩することも可能で、沖縄の美しい海辺をゆったりと歩く時間は心身ともに深くリラックスさせてくれます。

静かで美しい環境の海は生き物たちにとっても魅力的なようで、海中の魚たちの姿も豊富。

さらには季節によってはウミガメが産卵に訪れることもあり、運が良ければ直にその姿を見られるかもしれません。

青い海と白い砂浜からは南国旅情を感じられること間違いなし。

ぜひ足を運んでいただきたいとっておきのビーチとなっています。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

ビーチ51を訪れる際も青の洞窟同様、真栄田岬の駐車場を利用する形となります。

駐車場の出口から右手側に5分ほど歩いていくと辿り着くことができるでしょう。

 

真栄田岬

最後にご紹介させていただくのは、これまでにも二度名前が挙がった真栄田岬。

青の洞窟などを訪れる際には駐車場を利用できるという便利なスポットですが、それだけでなく、真栄田岬自体も大きな魅力を持っています。

真栄田岬の風貌は、ゴツゴツとした琉球石灰岩から成る万座毛と似た断崖。

サンゴ生まれの地形はなんとも立派な迫力とスケール感があり、沖縄ならではの景観を目の当たりにすることができます。

 

人気の理由・見所

真栄田岬と万座毛の違いとして、岬に展望台が設置されているという点が挙げられます。

展望台から眺める東シナ海は絶景であり、天候や時間帯によって異なる海の様子をじっくりと観察することができるのは大きな魅力。

また芝生に覆われた憩いの広場や休憩ができる東屋など施設が綺麗に整えてられており、ダイビングの講習も行われていますから、ここで挑戦してみるのもオススメです。

もちろん上述した青の洞窟とビーチ51にアクセスする拠点としても大きな役割を果たしてくれるため、恩納村観光の重要地点と言っても過言ではないかもしれません。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

青の洞窟と同じ場所となっているため、同様の行き方で辿り着くことができます。

 

恩納村の人気ツアー3選

恩納村を観光する際にオススメのツアーを3つピックアップ致しました。

いずれも大人気のプランばかりですので、ぜひ恩納村を訪れる際の参考にしてみてください。

 

ガイド独占!完全貸切!SUPコース

恩納村で楽しめるアクティビティの中でも随一のオシャレさ、誰でも参加できる気軽さで高い人気を得ているのが、ボードの上に立ってパドルで海を漕いでいくSUPです。

こちらのツアーではグループごとに専属のガイドがついて丁寧な指導と案内をしてくれるため、他の観光客グループに気兼ねする必要もございません。

写真撮影サービスがあるのも嬉しい点で、たくさんの写真データを無償で提供してもらえるため、旅行の思い出作りにもってこいのツアーとなっています。

 

初心者大歓迎!青の洞窟シュノーケルコース

上でご紹介させていただいたように、青の洞窟の中に流入した海は太陽由来の青く美しい輝きで満たされています。

当ツアーではそんな青の洞窟の中でシュノーケリングを楽しむことができ、優しく丁寧な指導を受けられるため初心者の方でも安心してチャレンジすることが可能です。

海に生息する可愛らしい熱帯魚たちへと餌付けをすることもできるため、大充実の時間を過ごすことができますよ。

 

青の洞窟体験ダイビング

青の洞窟ではダイビングを楽しむこともできてしまいます。

ダイビングを行うためにはライセンスの取得が求められるのですが、このツアーでは経験豊富なインストラクターが同伴してくれることで誰でも体験ダイビングを楽しめるのです。

シュノーケリングと比べても青の洞窟の海のさらに深部へと潜っていくことが可能で、恩納村の海をフルに味わえるツアーとなっています。

 

まとめ

以上、恩納村の歴史と観光についてご紹介させていただきました。

沖縄へと旅行に訪れるのであれば、沖縄本島の中心に位置する恩納村を中心に据えて日程を組むと何かと便利さを感じられるでしょう。

ぜひ恩納村博物館へと足を運び、知識を頭に入れた上での恩納村観光も楽しまれてみてくださいね!

itano

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK