さらに
絞り込む
該当プラン数 138
沖縄でフライボードを楽しむ人

人気急上昇中のフライボードとは?青の洞窟が魅力の恩納村でフライボードを楽しもう!

最終編集日時;
投稿日時;

人気急上昇中のフライボードとは

フライボードは、最近注目されているマリンスポーツです。テレビ番組で、芸能人が挑戦しているのを見たことがあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

フランスで2012年に生まれたフライボードは、海外ではすでに人気アクティビティとなっており、世界大会なども開催されているのです。フライボードを知らない方に向けて、フライボードの仕組みを簡単にご説明します。

水上バイクに専用の長いホースを取り付けたものが水の噴射装置になり、その噴射装置にフライボードを装着します。ボードの大きさは、肩幅より少し大きめです。

噴射装置から水が噴射され、その水圧によって上空に浮かび上がることができます。

フライボードを行うには広い場所が必要なので、体験ツアーはビーチの数が豊富な沖縄周辺の海や、大きな湖などで行われていることが多いです。

 

フライボードの楽しみ方

フライボード

フライボードは空中に飛び上がるイメージが強いかもしれませんが、エレベーターのように垂直移動ができるので、下半身のみ

海水に浸かった状態で海の上を走っているような動きもできます。上級者になれば10mくらい飛べる人もいますが、そんなに高く飛べなくても空中を散歩しているような感覚をたっぷり味わえますので、ご心配なく!

 

フライボードの魅力

フライボードの操作自体はそれほど難しくなく、運動が苦手という人でも10~15分くらい練習すれば、浮かび上がることができるようになるでしょう。最初のうちはまっすぐ上に飛び上がることが難しいですが、慣れると楽しくなってくること間違いなしです!

初回のツアーで、多くの人が空中に飛び上がれるようになり、上達すればターンを決められるようになるので、もっと複雑な技にチャレンジしたくなるはず。体験可能な年齢はさまざまですが、小学生~60歳が対象になっていることが多いです。

また、雨の日や風が強い日でも行われることが多いため、他のマリンアクティビティがキャンセルになった時の選択肢として、考えておくのもいいかもしれません。

 

はじめての感覚

フライボード

自分の体が空中に浮いているというのは、なかなか経験することのない感覚ではないでしょうか。

慣れてくれば、自分の思うように上下左右の移動もできるようになります。

鳥になったよう、イルカのようにジャンプしているみたい…と、フライボードを体験した人の感想はいろいろですが、空中に浮かび上がって眼下に美しい海が広がっている景色を見たとき、言葉にできないくらい最高な気分を味わえるはずです。

 

夢中になるほどのおもしろさ

ジェットの水圧で空を飛ぶ感覚は、慣れてくるとやみつきになります。うまく垂直に飛び上がれるようになったら、次はもっと高く飛びたい、と思うことでしょう。

プランによっては、高さ制限が設けられている場合もありますが、エキスパートになってくると10m近くの高さまで飛ぶことができるようになるので、鳥になったような気分を味わえます。

また、友達や家族で参加する場合は、人がフライボードをやっている姿を見るのもまた楽しいものです。複数名であれば、割引が適用されるプランもあるので、調べてみるといいでしょう。

 

たくさんの技を取得しよう

フライボードには、高く飛び上がるだけでなく、たくさんの技(トリック)があります。

海に飛び込む、360度ターンする、水しぶきをあげるなど、ダイナミックな動きが組み合わされることにより、技の難易度も上がっていきます。

初心者は、ホバーリングという空中で高さをキープする技から始めることがほとんどです。まだ自信がない段階で、いきなり難しい技に挑戦すると、最悪の場合はおぼれてしまうこともあります。

難しい技を身につけたいという人は、上級者向けのプランに参加するようにしましょう。

 

体験時のコツ

フライボード体験は、インストラクターが付き添って丁寧に教えてくれるので、初めての人でも安心です。フライボードを行う際は、ボートを使って海上を移動するので、曇りの日や風の強い日は上に羽織るものを持っていきましょう。

海面からの照り返しが強いので、日焼けが気になる人は日焼け止めを、写真を撮りたい場合は防水機能がついたデジタルカメラを用意するようにしましょう。

防水カメラはツアーのオプションで追加できる場合もあります。

 

上級者向けの技

フライボードの技はたくさんありますが、ホバーリングから始まってバックフリップができるようになれば、基本的な技を習得できたとされます。

技が難しくなるほど水しぶきも派手に上がるので、見ている人も大迫力な景色を楽しめるでしょう。そこで今回は、フライボードの技の中から、ホバーリング・ドルフィン・バックフリップをご紹介します。

 

ホバーリング

ホバーリングとは、物が空中にとどまるという意味の単語です。フライボードの技も、その名前の通り水面からまっすぐ上に飛び上がり、できるだけ高い位置をキープするというものになります。

フライボードの技の中では最初にチャレンジする技となり、いちばんオーソドックスなものといえるでしょう。

 

ドルフィン

ドルフィンは、頭から海に潜り空中に飛び上がるという動作を繰り返す、さながらイルカのようなの技です。

水圧の力を借りているとはいえ、ドルフィンの動きは全身運動となるので、挑戦したい人はある程度体力をつけておいた方がいいかもしれません。

潜る、もしくは飛び上がるときに回転を加えるもっと難しい技、スピンドルフィンというものもあります。イルカが泳ぐようにジャンプを繰り返すさまは、見た目もかっこいいので、フライボードに慣れてきた人にとっては、あこがれの技ではないでしょうか。

 

バックフリップ

バックフリップは、フライボードの中でもっとも難しいと言われる技です。

ホバーリングで空中の高い地点をキープした状態から、体を後ろに倒して1回転させるバク宙のような技です。

回転が足りないと逆立ち状態になり、頭から海に落ちてしまう危険があるので、チャレンジする時は、安全意識を常に持っておきましょう。

1回転できるようになれば、2回転、3回転と回数をふやすことにより、難易度がどんどん上がっていきます。

見ている人も手に汗をにぎってしまうくらい、ダイナミックな技です。

 

人気のツアー

ここからは、フライボードが楽しめる人気のツアーをご紹介します。

ご紹介させていただく全てのツアーが、沖縄本島の恩納村(おんなそん)で行われます。

また、自分で用意するものは水着とタオル、ビーチサンダルなどで済むので、お手軽に参加できるのです!

 

丁寧なレクチャーで成功率80パーセント以上!爽快アクティビティ【フライボード】

このツアーは、身長130cm以上で健康な人であれば誰でも参加できます。

30分間隔で開催されており、体験時間も30分程度なので、中途半端に時間が余ってしまいそうなときにもおすすめです。

最終受付が16時というのも、うれしいですね。

1名から申し込み可能なので、フライボードをやりたい人が1人だけ、という場合でも大丈夫です。

 

まとめ

フライボードは、最近注目されているマリンスポーツです。

海上で空中に飛び上がることができるため、これまで経験したことの無い爽快感を味わうことができます。

高く飛び上がるだけでなく、上級者になれば海の中に潜ったり、スピンしたりと高度な技を披露することができるようになり、世界大会も開催されているのです。

初めてフライボードにチャレンジするという人でも、10~15分後には飛べるようになるので、体験ツアーの時間内でも十分楽しめます。

恩納村に行かれた際は、ぜひフライボードに挑戦し、その魅力を堪能してください。

itano

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

アクティビティから探す

一覧を見る
当日予約OK