さらに
絞り込む
該当プラン数 220
SUP

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

最終編集日時;
投稿日時;
-この記事をシェアする-

沖縄本島の6月ってどんな感じ?

青の洞窟 シュノーケリング

透き通った美しい海を望め、多くの観光客で賑わう沖縄。6月は本格的に夏らしい気候となり、マリンアクティビティを存分に楽しむことができます!

ただ、せっかくの沖縄旅行、6月は梅雨や台風なども気になるところです。

本記事では沖縄(恩納村含む)の6月の天気・服装、おすすめのアクティビティやスポットをご紹介します。

この記事はこんな方に…
◆沖縄本島の6月の天気が知りたい方
◆6月に沖縄本島旅行を検討している方
◆6月の服装や持ち物が知りたい方
◆6月の沖縄おすすめアクティビティが知りたい方
◆6月の沖縄本島のおすすめスポットが知りたい方

 

梅雨明けはいつ?
沖縄本島の6月の天気(気温)

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄の6月の最高気温は30℃まで上がり、夏も本格化してきます。

6月の平均気温
沖縄本島(那覇):27.2℃
東京:21.9℃

また、沖縄は平年5月10日頃に梅雨入りし6月20日頃に梅雨が明けます。

2023年の梅雨入りは5月18日と平年に比べて遅かったため、梅雨明けは6月下旬の見込みです。

梅雨と言っても本州のように1日中雨が降り続けることはなく、激しい雨が短期的に降るため、晴れ間も多いです。

 

沖縄本島の6月は台風がくる?

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄に台風が上陸するのは主に7月〜9月ですが、過去には6月にも台風が来ています。

月に1回来るか来ないかですが、天気予報・台風情報はこまめにチェックするようにしましょう。

 

沖縄本島の6月の服装&持ち物

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄の6月は気温・湿度ともに高いため、半袖・半ズボンなど通気性の良い服装が良いです。

また、日差しが強いため、サングラスや帽子など紫外線対策グッズは持って行くようにしましょう。薄手の長袖も肌を守るのにおすすめです。

6月の服装・持ち物
◇服装
Tシャツ・短パン・薄手の長袖(室内のクーラー対策・日焼け防止用)など


◇持ち物
サングラス・帽子・日焼け止め・雨具・ビーチサンダル・水着・タオルなど

 

沖縄本島の6月のイベント

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

6月の沖縄ならではのイベントをご紹介します。

ぜひイベントを覗いて沖縄文化を体感してみてください♪

 

エイサーナイト

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄の伝統舞踊のひとつである「エイサー」を楽しむイベントです。

東南植物楽園やコザミュージックタウン音楽広場などで、旧盆まで定期的に開催されます。

 

前兼久ハーリー海神祭

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

前兼久ハーリー海神祭は1901年から開催されている由緒ある伝統的な行事です。サバニとよばれる南西諸島で昔から使用されていた漁船で競漕が行われます。

毎年旧暦の5月4日に開催しており、豊漁と海の安全を祈ることを目的としたイベントです。

小学生対象の果物取り競争や屋台などもあるため、お子様連れのご家族も楽しむことができるでしょう。

 

6月に沖縄本島から遊びに行きたい離島

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄本島から行ける人気離島をご紹介します。

6月は梅雨のイメージもあり、7月・8月に比べて観光客が少ないのでオススメですよ!

 

慶良間諸島

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

慶良間諸島(けらましょとう)は、大小様々な島からなっている諸島で、日本を代表するダイビングスポットです。

澄んだ綺麗な海には、ウミガメをはじめとする多くの魚たちが生息しており、まさに幻想的な景色を楽しめます。

慶良間諸島のツアーランキングはこちら

 

水納島

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

水納島(みんなしま)は、他の島と比べてかなり小ぶりなかわいらしい島です。本島から日帰りで楽しめます。

クロワッサンに似ていることから「クロワッサンアイランド」などと呼ばれ親しまれています。

なんと言ってもおすすめしたいのが水納ビーチ!海にはサンゴや熱帯魚が泳いでおり、お子様連れでも満喫できます。

水納島のツアーランキングはこちら

 

久米島

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

本島から100㎞ほども離れたところにある久米島は、沖縄の最も西に位置する島です。

久米島の海の美しさは世界的にも有名で手付かずの自然が残っています。

久米島のツアーランキングはこちら

 

沖縄本島6月におすすめアクティビティ

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

雨が多い6月の沖縄本島でも参加できるアクティビティをご紹介します。

 

シュノーケリング

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

定番人気のシュノーケリングは6月もおすすめです。水に入ってしまえば濡れるので、梅雨の時期で雨が降っていても問題なし!

沖縄(恩納村)にはシュノーケリングスポットとして代表的な『青の洞窟』があります。潜りながら洞窟内に入り、魚たちを観察してみよう☆

↓シュノーケリング含むおすすめプランはこちら↓

↓シュノーケリングについてもっと詳しく↓

 

ダイビング

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

シュノーケリングよりもより深い海の世界を観察できるのがダイビング♪

体験ダイビングであればライセンスがなくても潜れるので、初めての方にも気軽にご参加いただけます

↓ダイビング含むおすすめプランはこちら↓

↓ダイビングについてもっと詳しく↓

 

カヌー・カヤック

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

カヌー・カヤックは小さなお子様から体験できるアクティビティとして人気です。

特にマングローブでのカヤック体験は雨の日も開催率が高く、この時期におすすめです!

マングローブ林が雨風を遮ってくれるので、天候に左右されにくく予定が崩れる心配も少ないですよ♪

↓カヌー・カヤック含むおすすめプランはこちら↓

↓カヌー・カヤックについてもっと詳しく↓

 

SUP(サップ)

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

リゾートアクティビティとして人気のSUPは、沖縄のオーシャンビューを存分に堪能できるでしょう!

ボードに立ったり座ったりして、オールを使って漕ぎ進めます。バランスをとるのが一見難しそうに見えますが、初めての方でもすぐにボードに立てるようになりますよ

↓SUP含むおすすめプランはこちら↓

↓SUPについてもっと詳しく↓

 

マリンスポーツ

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

バナナボートやウェイクボードなど、沖縄の透明度抜群の海でマリンスポーツをしませんか?

この爽快感にやみつきになること間違いなしです!

↓マリンスポーツ含むおすすめプランはこちら↓

↓マリンスポーツについてもっと詳しく↓

 

リバートレッキング

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

自然豊かなやんばるで行うリバートレッキングは、今季一押しの人気ツアー!

ガイドの生き物解説を聞きながらトレッキングをしたり、滝で水遊びをしたり、沖縄の自然を満喫できる充実した時間が過ごせるでしょう。

↓おすすめのリバートレッキングプランはこちら↓

↓トレッキングについてもっと詳しく↓

 

観光バスツアー

沖縄観光バスツアー

バスツアーは人気観光スポットを快適に巡れるおすすめのアクティビティです!

6月の梅雨の時期は雨が降ると運転も大変ですが、バスツアーなら運転する必要がないので安心して楽しめます。

現地に詳しいバスガイドが解説してくれるので、沖縄のことをより深く知ることができますよ♪

↓おすすめのバスツアーはこちら↓

↓バスツアーについてもっと詳しく↓

 

沖縄本島の6月におすすめの観光スポット

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

恩納村を中心に沖縄本島の6月におすすめの観光スポットをご紹介します。

日常の疲れを忘れて沖縄の自然にぜひ癒されてください。

 

青の洞窟

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

洞窟内に日差しが反射して青く光って見える「青の洞窟」は、とても神秘的であり、恩納村の人気No.1スポットです。

洞窟内には様々な種類の熱帯魚が住んでおり、シュノーケリングが楽しめます。

↓青の洞窟でのシュノーケリングはこちら↓

 

万座毛

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

万座毛(まんざもう)は「万人が座するほどの野原」という意味で、そう呼ばれるほどの広大な自然や海が広がっています。

万座毛の中に「象の鼻の岩」と呼ばれる象の鼻に似ている岩があります。有名な撮影スポットとなっているのでぜひチェックしてみてください!

 

万座ビーチ

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

快水浴場百選では沖縄でたった3ヶ所しか選ばれなかった「特選」に選ばれるほどの美しさを誇るビーチです。

白い砂浜と透き通った海は、想像以上に綺麗で、サンセットスポットとしても人気です。

万座ビーチの基本情報
住所:〒904-0404
沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260
アクセス:沖縄北ICから車で約20分

 

真栄田岬

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

先ほどご紹介した青の洞窟は真栄田岬に位置しています。

真栄田岬の上からは、壮大な海の大パノラマが望め、下ではシュノーケリングが楽しめます。

 

ビーチ51

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

ビーチ51は真栄田岬の近くにあるビーチです。ドラマの撮影地にもなった場所で、自然が作り出した綺麗な風景を堪能できます。

遠浅の海で、エビやカニなどが生息しているので、お子様連れの方などにおすすめです。

ビーチ51の基本情報
住所:〒904-0417
沖縄県国頭郡恩納村真栄田712−2 マンショングランブル 岬前
アクセス:沖縄北ICから車で約20分

↓あわせて読みたい記事はこちら↓

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄旅行での快適な移動はやっぱりレンタカー!

昨今、『レンタカー不足』ともニュースで言われているくらい、旅程が決まったらすぐにでも手配しておいた方が良いです。

各スポットが少し離れているため、快適に効率良く楽しむためにもレンタカーは必ずチェックしておきましょう!

↓ 沖縄本島のレンタカーについて詳しく ↓

 

まとめ

沖縄本島の6月の気候や服装は?梅雨の時期でも楽しめるアクティビティをご紹介

沖縄の6月の天気や服装、おすすめアクティビティやスポットをご紹介しました。

沖縄の6月は段々と暑くなり、降雨量も年間を通して最も多い時期となります。

熱中症や紫外線対策をしつつ、大自然でアクティビティを存分に楽しみ、日頃のストレスを発散しましょう!

↓あわせて読みたい記事はこちら↓

-この記事をシェアする-
T.Furuike

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

-この記事をシェアする-
営業中 8:00〜17:00
-この記事をシェアする-
当日予約OK
SALE