さらに
絞り込む
該当プラン数 138
真栄田岬のシュノーケリングスポット

冬の沖縄は魅力的!?青の洞窟が魅力の恩納村の2月

最終編集日時;
投稿日時;

南国沖縄本島のほぼ中央に位置する恩納村の、2月はどんな様子でしょうか。

気候、適した服装や必要な持ち物、イベントや注意点について紹介します。

 

恩納村の2月とは

隠れた穴場シーズンとも言われる沖縄の2月。中でも、沖縄の真ん中に位置する恩納村の2月はまさしく大穴場です。

肌寒さが募る2月だからこそ、周囲に気兼ねせず、思いっきりいろんなマリンアクティビティを楽しめます。迫力満点のホエールウォッチングもこの時期がベストシーズンです。

また、沖縄の各地でプロ野球の冬季キャンプを行っていますから、どこかで選手と会う可能性もあるかもしれません。

 

恩納村の2月の気候

恩納村の2月は1年を通じて最も寒暖差の激しい季節です。小雨の多い時期ですが日が射せば半袖Tシャツ1枚で過ごせるほど暑くなる時もあります。平均気温は16.1度で1月と比べるとわずかに上がりますが、体感的にはそう変わりません。

特に2月前半は日が沈むと急に寒さを感じたりしますから、それなりの対策が必要です。2月も下旬になってくると冬型の気圧配置も緩むため、肌寒さを感じることはやや少なくなってきます。

 

2月の恩納村の服装と持ち物

2月は暑さと寒さ両方に対応した服装が必要です。

ここでは2月の恩納村の服装と持ち物についてご紹介します。

 

2月に適した服装

日中陽が射していれば半袖短パンで過ごすことも可能です。しかし、小雨が多く曇りがちな2月はコートやセーター、ウインドブレーカーなども併せて準備しましょう。

2月後半はそれほど寒さに過敏になる必要はないかと思いますが、それでもやはり念のため、いつでも羽織れるような薄手のカーディガン、ベストくらいは用意しておいたほうが良いでしょう。

降水量は多くないものの天気が変わりやすいので、小雨がぱらつくことが多々あります。ビーチサンダル以外にも、撥水性の高いシューズを準備すると安心です。

 

2月の持ち物

冬の気候とはいえ日が射せばそれなりに暑くなるこの時期は、1月よりも紫外線が強いです。サングラスや帽子、日焼け止めクリームにUVカットのリップクリームなどを持参しましょう。

また紫外線対策として、日傘や長袖の薄手の服装もあればベストです。シュノーケリングの際には、岩場などで足を怪我しないためにアクアシューズも準備していったほうがいいでしょう。

 

2月の恩納村の主なイベント&楽しみ

恩納村の2月のイベントとして挙げられるのは、開催20回を超える有名行事「恩納村産業まつり」です。海産物、フルーツ野菜販売、民芸品展示販売や地元アーティストのライブなどが行われます。

また、楽しみといえば、やはり観光客の少ない海でマリンアクティビティを思う存分に堪能できることです。もちろん南国フルーツも忘れてはいけませんね。

 

主なイベント

先ほども述べた恩納村産業まつりでの最大の楽しみといえば、地元産のフルーツや野菜といった青果物、海ぶどうをはじめとした多くの海産物の販売です。

フルーツなどは買ったその場で味わうこともできます。

陶芸や琉球ガラスなど沖縄の伝統工芸品が一堂に会し、展示販売も行われます。

恩納村に立地するいくつかのリゾートホテルの本格的な料理が楽しめるコーナーなどもあって、グルメにとっては是非とも行ってみたいイベントです。

ほかに沖縄で活動するアーティストたちのライブやマグロの解体ショーなどもやっています。

 

楽しめるポイント

アテモヤ

恩納村産業まつりは、やはり美味しいものをその場でたくさん味わえるのが1番楽しめるポイントですね。

特に2月が旬の特産フルーツのアテモヤ。見た目はゴツゴツしていても、冷やして食べるとまるでアイスクリームのような食感が口いっぱいに広がります。

他には1~2月が旬で味も見た目もネーブルに似たタンカン。スイートポテトのような甘味で、別名エッグフルーツとも呼ばれているカニステル。

南国フルーツにしては小ぶりで、ほのかな酸味と甘味が感じられるピタンガもあります。

 

2月の恩納村の注意点

寒暖差の大きさが一番の注意点と言えます。

日中暖かい陽射しが射すとつい油断して、半袖短パンなどの薄着のまま夕刻を迎えてしまい、寒くてかなわないなんてこともありがちです。

また、天気の変化にも注意しましょう。小雨や雲が多い時期ですから雨具の準備も必要になります。

もちろん2月といえども紫外線は本土の倍近いですから日焼け止めクリームや日傘、サングラスなど紫外線対策も忘れないようにしましょう。

 

遊びにいける離島

本島周辺には多くの離島があります。橋でつながっていて車で行ける離島や、高速船を利用して1時間もかからずに行ける島など様々です。

無人島もあれば少ないながらも人が生活している島もあります。離島はどこも本島周辺より海が綺麗で透明感にあふれています。

 

慶良間

慶良間・渡嘉敷島、阿波連ビーチ

2月にはこの慶良間諸島近辺でホエールウォッチングができます。慶良間ブルーと言われるこの透明の海には、毎年冬季になると子育てと繁殖を目的にザトウクジラがやってきます。

熱帯魚やサンゴも豊富でシュノーケリングやダイビングのポイントとしても人気があります。

 

水納島

水納島の海

水納島へはフェリーを利用すれば15分ほどで行くことができます。

環礁に囲まれ波が穏やかでビーチもいくつかあり、夏場の海水浴の人気スポットです。冬季にはビーチは営業していませんが、ボート体験ダイビングなど2月ならではの楽しみ方があります。

他にもグラスボートやホエールウォッチングなどもあるので、人の少ないより透明な水納島の海を満喫できます。

 

石垣島

石垣島・川平湾

石垣島は沖縄本島の南西約400kmに位置します。

2月の平均最高気温が21.6度、平均最低気温が16.9度と大変過ごしやすい気候です。ただやはり夜や雨の日は肌寒く感じられ、薄手の長袖も必要になります。

昼の海が素敵です。時期的に懐中プランクトンが少なくなるため、この季節ならではの透明な海をダイビングやシュノーケリングで体感できます。

また2月は空気が乾燥しているのでとても美しい星空を眺めるのもおすすめです。

 

宮古島

宮古島

沖縄本島から南西約290kmにある宮古島の2月平均最高気温は22.5度、平均最低気温が17.7度、平均気温は18.3度です。本土の4月、5月の気候ということができたいへん過ごしやすい季節です。

しかし北風が吹き込む日もあるので、ちょっとした長袖の服装も必要になります。気温は夏場に比べ低めですが、海も空気も澄んでいるのでこの季節ならではの美しい風景や海中の光景を楽しむことが可能です。

海に潜らなくても、船の底から海中を覗くことができるグラスボートなどオススメのアクティビティもたくさんあります。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

恩納村の2月のおすすめアクティビティ

2月の沖縄はオフシーズンです。しかしオフシーズンなりの楽しみ方があります。

船に乗って行くホエールウォッチングは2月ならではのアクティビティです。ウェットスーツにインナーを着てシュノーケリングやダイビングで透明な海を堪能することもできます。

カヌー・カヤック・SUPなど海上を移動するアクティビティも楽しめます。

 

シュノーケリング

青の洞窟シュノーケル

真冬でも海水温が20度を下回る事はないので、人気の青の洞窟など観光シーズンに人の多い人気スポットをたっぷり堪能することができます。

岩場も多いので、足を怪我しないようにアクアシューズなどを準備しましょう。気軽な海中散歩でたくさんの熱帯魚やサンゴ礁を満喫してください。

 

ダイビング

沖縄でファンダイビングを楽しむ2人

2月のダイビングには厚手のウェットスーツを準備しましょう。気温は1月より少しだけ上がりますが、海水温は実は1月より低いんです。

できればインナーなども着用し、寒さ対策をした上で潜水しましょう。海から上がったらすぐに体を拭いて暖かい服装に着替えることも必要です。

人の少ない海は透明度が非常に高いので、シーズンには見られない絶好の海中シーンを堪能できます。

 

カヌー・カヤック

恩納村でカヌーを楽しむ二人

カヌーやカヤックに乗るときは、特に上半身の防寒が必要です。海の中に直接入るわけではないのでウェットスーツなしでも、レインウェアなどの水濡れ対策をしていけば問題ないでしょう。

この時期特有の澄んだ美しい海へ漕ぎ出しましょう。少しばかり寒くても体を動かすのですぐに気にならなくなります。むしろ暑く感じるかもしれません。

 

SUP

SUP,クルージング

2月の海で楽しむSUPは最高の気分です。

人が少ないこの時期は、まるで海を独り占めしたように感じることができます。多少寒い時もあるので、気候によってはウェットスーツを着用したほうがいいでしょう。

ボードの上からは透き通った海とサンゴや熱帯魚たちを見下ろすことができますよ。

 

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

この季節に沖縄を訪れた際には、ホエールウォッチングをすることをおすすめします。

2月はザトウクジラが繁殖や子育てをするために沖縄近辺の海にやって来る最盛期です。雄のザトウクジラが雌にアピールするために海面から飛び出す姿は、実に壮大で迫力満点と言えます。

沖縄でのホエールウォッチングは、鯨の出現率がほぼ100%なんです。防寒対策はしっかりしたうえで、是非ともこの季節ならではの雄大な自然の姿を見ていってください。

 

恩納村の2月のおすすめ観光スポット5選

 

青の洞窟

青の洞窟シュノーケル&美ら海体験ダイビングSET

シュノーケリングやダイビングのスポットとして名高いのが青の洞窟です。

海水が断崖を侵食してできた洞窟、そこに射し込んだ太陽の光が岩壁や海面あるいは海底の砂に反射することで、幻想的な青い光景を作り上げています。

真栄田岬の駐車場から階段を下って行く場合、夏場は観光客でごった返していて大変ですが、2月なら人が少ないため問題ないでしょう。2月は海の透明度も高いため、特に美しい青の洞窟の姿を見ることができます。

ウミウシやコブシメなど 夏には見られない海中生物たちを見るチャンスも多くなりますよ。

 

万座毛

万座毛

琉球石灰岩で形成された標高約20mの断崖の上に芝生台地が広がっています。

琉球第2尚氏王朝第13代国王の尚敬王がこの地を訪れた際に、「万人を座らせるに足る」とほめたたえたことからその名がついたそうです。海側の断崖の下には、海水に侵食されてできた象の鼻に似た奇岩があり、名勝地となっています。

海に沈む夕日を眺めることができるロマンチックなスポットです。

 

真栄田岬

真栄田岬のシュノーケリングスポット

青の洞窟が有名なため沖縄の人気ダイビングスポットとなっている真栄田岬ですが、マリンスポーツだけではありません。岬の上から眺める海は他と比べてもひけをとらない景勝地です。

2月には運がよければ公園内の展望台からザトウクジラを見つけられることもあります。

船を利用せずにホエールウォッチングが楽しめるなんて最高ですよね。ここには180台の駐車場の他に売店、トイレ、コインロッカー、シャワーが備えられており、あらゆる点で不便を感じない場所です。

 

おんなの駅 なかゆくい市場

沖縄グルメがたっぷり満喫できるのがおんなの駅 なかゆくい市場です。

水産物はもちろん、沖縄そばや南国フルーツを使ったデザートの店、泡盛や豚足専門店もあります。海産物やフルーツ、野菜も販売しており、沖縄独自のお菓子や惣菜、ジュースやお酒まで土産物も豊富にそろっています。

 

琉球村

琉球村入口

2020年12月16日から年中無休となった琉球村では、昔の沖縄の様子を詳しく知ることができます。

今ではもう残されていない沖縄の赤瓦の古民家や製糖の風景、宮廷舞踊や雑踊り、工芸体験など古き良き時代の沖縄を体験できるのです。

それ以外にもシーサーオブジェ作りやサンゴのフォトフレーム作りの体験教室、リアル宝探しや謎解き脱出ゲームなど、多彩なイベントやアトラクションがあります。

沖縄滞在中には一度は寄ってみたい場所です。

 

まとめ

今回は、2月の恩納村について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

沖縄本島の中心である恩納村には1年を通して楽しい見所やグルメがいっぱいです。

寒さ対策と紫外線対策をしっかりして、2月の恩納村を楽しんでください。

itano

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

アクティビティから探す

一覧を見る
当日予約OK