さらに
絞り込む
該当プラン数 143
沖縄の海

快適な旅を楽しめる!青の洞窟が魅力の恩納村の3月

最終編集日時;
投稿日時;

恩納村の3月はどんな様子でしょうか。

気候、適した服装や必要な持ち物、イベントや注意点について紹介します。

 

恩納村の3月とは

3月に入ると恩納村の気温も20度を超える日が多くなってきます。

海水温も20度そこそこで、観光客の姿も増え始め、徐々に海に活気が戻ってきます。街ゆく人々の姿も次第に薄着が多くなり始め、季節の移り変わりを感じられる月と言えます。

 

恩納村の3月の気候

本州の4月から5月頃にあたる気候で、草木の芽が一斉に吹き出し始めます。

最高気温は22度前後ですが、20度を超える日が多くなりあまり寒さを感じなくなる時期です。1年を通して非常に過ごしやすい月と言えます。それでも朝夕の寒暖差には注意が必要です。

また3月前半と後半とではかなり気温にも差が出てきますから、訪れる時期によっても服装などには気をつける必要があります。降水量自体は1月、2月と比較すると多いようですが、まとまって降るスコールがほとんどで、観光そのものには大きな支障はありません。陽射しが強くなってきているので、この時期からは本格的な紫外線対策が必要になってきます。

 

3月の恩納村の服装と持ち物

暖かくなる時期だといっても、前半と後半ではかなり気温に差があります。

また日中と朝晩の寒暖差も大きいです。油断せずに寒暖に対応できる服装を準備しましょう。

 

3月に適した服装

3月前半には厚手の長袖が必要になる場合もありますが、後半は薄手のものがあれば十分過ごせます。どちらにしても半袖短パンだけというのはおすすめできません。

寒暖差が激しいので、楽に着たり脱いだりできるようなカーディガンなどは必需品です。足元もビーチサンダルだけというのではまだ寒く感じることもあります。スニーカーなど気軽に履けるシューズが便利でしょう。

 

3月の持ち物

紫外線が徐々に強くなってくる3月は帽子、サングラス、日焼け止めは必需品です。日中はかなり暑くなることもあるので、観光する際は水分なども忘れずに準備しましょう。

紫外線が気になる方は日傘やカーディガンを羽織るなどの対策も有効です。マリンアクティビティを楽しみたい方はラッシュガードも準備しましょう。シュノーケリングをされる場合は、岩場などでの足の怪我防止のためにアクアシューズなども用意していくといいですね。

 

3月の恩納村の主なイベント&楽しみ

例年3月後半に「おきなわ全島やちむん市」が開催されます。やちむんとは焼き物のことで、離島を含む沖縄全島の窯元が参加する、県内最大規模の焼き物市です。

また3月はホエールウォッチングが楽しみな月でもあります。ホエールウォッチングは冬季12月~4月までがシーズンですが、3月は最も盛んに鯨が出現する月なのです。

 

主なイベント

やむちん

やちむん市には若手から中堅まで60を超える窯元が参加し、多彩な作品を見ることができます。制作者本人と話もできるので、作品にどのような気持ちが込められているか聞くことも可能です。

焼き物の展示即売会の他に陶芸教室やシーサーの色つけ体験、恩納村物産コーナーなども楽しむことができます。

 

楽しめるポイント

パッションフルーツ

冬季には多くのザトウクジラが出現する沖縄の海ですが、先ほども述べたように3月が最も盛んに現れると言われます。クジラたちの行動も様々で、変化に富んだホエールウォッチングが魅力です。

また南国フルーツを味わうのも楽しみの一つになります。3月のフルーツといえば酸味があってプチプチした食感のパッションフルーツ。スイートポテトのような甘味で、別名エッグフルーツとも呼ばれているカニステル。見た目はゴツゴツしていても、冷やして食べるとまるでアイスクリームのような食感が口いっぱいに広がるアテモヤ。南国フルーツにしては小ぶりで、ほのかな酸味と甘味が感じられるピタンガもぎりぎり3月が旬のフルーツです。

 

3月の恩納村の注意点

3月は沖縄各地で海開きが行われます。しかし実際にはまだ海水浴シーズンとは言えません。気の早い学生たちが、多少寒くても海を楽しむために海水浴している光景を時折見かけますが、まだ肌寒い時期ですので、水着だけの海水浴は控えたほうがいいでしょう。

1月や2月にはそこまで神経質にならなくてもよかった紫外線対策も、3月からは必要になってきます。特に肌の敏感な方は要注意!油断していると日焼けがやけど状態になることもあるので、こまめに日焼け止めクリームを使用しましょう。外出の際には吹きつけるだけで済むUVカットスプレーなども有効です。

3月も後半になると学校が春休みに入り、有名な観光地は混雑し始めます。この時期に人気の観光スポットを回るのであれば朝早く出発することをおすすめします。

 

遊びにいける離島

沖縄本島の周囲には大小さまざまな離島があります。

レンタカーを借り、車で行くことができる離島や高速船に乗って15分程度で行ける島、中には飛行機に乗っていかなければならない離島もあります。島ごとに人口もばらばらで、全く無人の離島もあるのですよ。そうした離島に行ってみるのも沖縄観光の醍醐味といえるでしょう

離島の本当に澄んだ美しい海を見れば、心が洗われたような新鮮な気持ちになれること間違いなしですよ。

 

慶良間

慶良間・渡嘉敷島、阿波連ビーチ

慶良間の海はザトウクジラたちの繁殖地であり、ウミガメたちの産卵地でもあります。また、サンゴ礁の基礎を成す造礁サンゴの種類が240種類以上も確認されているなど、海の大自然が凝縮された場所です。サンゴの産卵期には、沖に流されたサンゴが本島近くに流れて着生するなど、沖縄近辺のサンゴの供給源にもなっています。

透明で澄んだ慶良間の海の色は慶良間ブルーとも言われ、世界中のダイバーたちが憧れる聖地。

北の海からやってきたザトウクジラたちはこの3月、4月を境に北の海へ帰っていくため、ホエールウォッチングも4月には終わりを迎え、またやって来る12月を待つことになります。

 

水納島

水納島の海

クロワッサンアイランドの愛称で親しまれる三日月型の小さな島です。

現在は本島から供給されていますが、もともと水資源が少なかったことから水の無い島と言われ、それが島名の由来となったと言われています。

本島から高速船を利用して20分ほどで着くにも関わらず、海は透明感に溢れており、サンゴや熱帯魚も豊富です。そのためダイビングやシュノーケリングを気軽に楽しめる場所としても有名です。パラセーリングやグラスボート、ホエールウォッチングもできる、大人気の離島です。

 

石垣島

石垣島・川平湾

平均気温が20度を超える3月の石垣島は気候も安定し、いよいよベストシーズンを迎えようとしています。

中旬以降は半袖短パンでも過ごせて、まさに南国リゾートといった様子です。日本で最も早く海開きが開かれる石垣島は、春休みを迎えることもあり一気に活気づいてきます。

日本一小さなヤマヤエヒメボタルが見られるのもこの3月からです。星の観察と合わせて、ホタルツアーも楽しめますよ。

 

宮古島

宮古島

3月の宮古島は春真っ盛りです。

しかもベストシーズン直前の3月は、旅行費用も抑えることができて一石二鳥。初旬こそ曇りがちですが、雨が最も少ない時期にもなり、中旬以降は汗ばむような陽気になります。月の後半は海水温もようやく上がってきますが、前半は最も低い時期で海水浴には適しません。

宮古島で3月に思い切り楽しめるのは、ウェットスーツを着てのシュノーケリングやダイビングです。他にはシーカヤックとシュノーケリングを合わせたツアーやSUPなども、インストラクターの講習付きで安全かつ気軽に楽しむことができます。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

恩納村の3月のおすすめアクティビティ

3月になると気温も徐々に上がってきて、ようやくマリンスポーツの本番が到来したという気がしてきます。しかし海水温は低いため、海水浴などにはまだ適しません。

ウェットスーツを着用してのシュノーケリングやダイビング、ラッシュなどを着用してカヌー・カヤック・SUPなどがおすすめのアクティビティです。

船に乗ってのホエールウォッチングも4月には終わってしまいます。そのため、ぜひ出現率の高い3月に行くことをおすすめします。

 

シュノーケリング

青の洞窟シュノーケル

恩納村でのシュノーケリングといえば青の洞窟ははずせません。

3月であればまだシーズン前ということで、ゆったりと楽しむにはぎりぎりのチャンスです。

観光シーズンに入ると、行列までできてしまう青の洞窟の幻想的かつ神秘的な世界を、この時期に思い切り楽しみましょう。

 

ダイビング

青の洞窟でファンダイビング

3月は気温が割と高くなり、陸上では半袖でも快適に過ごせるようになります。

しかしながら、3月前半の海水温は1年を通して最も低いのです。ですから、ダイビングには厚手のウェットスーツが必要になります。場合によってはインナーなども着用し、寒さ対策をした方がいいでしょう。海から上がったらすぐに体を拭いて、暖かい服装に着替えましょう。

人の少ない海は透明感にあふれています。青の洞窟など、人気スポットの海中シーンを堪能することができる時期です。

 

カヌー・カヤック

恩納村でシーカヤックを楽しむ二人

ボードに座ってパドルを漕ぎ進むカヌーやカヤックは安定性抜群です。これらは似たような乗り物ですが、実はその起源は全く違います。カヌーは北米インディアンが水上移動の手段として使っていたのに対し、カヤックはエスキモーたちが狩猟のために海で使っていたものだそうです。

いずれにしても3月は外気温が2月に比べて上昇し、20度以上の日も多いのでカヌーやカヤックを楽しむにはベストなシーズンです。レインウェアなどを着用して水濡れ対策さえしていけば最高の気分で楽しめます。

 

SUP

恩納村でSUPをする3人

3月の海で楽しむSUPもおすすめです。

人の少ない最後の時期に、人気のSUPを思い切り楽しみましょう。ボードの上からは透き通った海、そしてサンゴや熱帯魚たちを見下ろすことができますよ。

 

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

3月はホエールウォッチングのベストシーズンと言えます。

この時期にはザトウクジラが盛んに姿を現すのです。

4月に北の海を目指して帰っていくザトウクジラの雄たちは、この時期が最後のチャンスとばかりに、しきりに雌たちにアピールしようと様々な行動を取ります。繁殖と子育てのために繰り広げられる、迫力あるシーンは必見ですよ。

この最後のチャンスを見逃さないで、雄大な海の中で繰り広げられる、クジラたちの大自然のショーを存分に楽しんでください。

 

恩納村の3月のおすすめ観光スポット5選

 

青の洞窟

青の洞窟

沖縄観光に来たら絶対に外すことのできない観光スポットの一つが青の洞窟です。

断崖の石灰岩が想像もできない時間を経て海水や雨風に侵食され、神秘的な洞窟を作り上げました。そして、その洞窟に差し込む太陽光が岩壁や海面あるいは海底の砂などに微妙に反射して、幻想的な青色を演出します。

幻想的で神秘的な大人気のスポットですが、3月であればのんびりとシュノーケリングやダイビングによって楽しむことが出来ます。

 

万座毛

万座毛

断崖絶壁の上に広がる、石灰岩の芝生台地が万座毛です。その下には象の鼻の形をした奇岩が見られる景勝地となっています。

万座毛の「毛」とは草原を表しており、琉球第2尚氏王朝第13代国王の尚敬王がこの地を訪れた際に、「万人を座らせるに足る」とほめたたえたことがその名の由来です。

台地の上からは遥かな海原を見下ろすことができ、沈みゆく夕日をロマンチックな気分に浸りながら鑑賞できます。

 

真栄田岬

真栄田岬のシュノーケリングスポット

青の洞窟の上にある岬です。

ここの駐車場に車を置いて90段ほど階段を下ると、青の洞窟に行くことができます。訪れる人たちのお目当てはほとんどが青の洞窟です。

しかし、岬の公園には展望台もあり、海に降りなくても目の前一面に広がる東シナ海を見ているだけで、心が洗われるような気分になります。180台の駐車場と売店、トイレ、コインロッカー、シャワーが整備されているため、大変便利なスポットです。

 

ビーチ51

真栄田岬から歩いて10分ほどの場所にあるビーチ51は、知る人ぞ知る隠れた天然ビーチです。

観光化されていないので、もちろんシャワーやトイレなどの設備はありません。白いサラサラの砂が広がり、その先には見渡す限り透明な大海原が開けているプライベート感たっぷりの素敵なビーチです。

青の洞窟にも近いせいか、このビーチの界隈にも自然に侵食された洞窟があり、泳いでいる熱帯魚たちもたくさんいます。ビーチからは断崖の上に通じる道があり、高い場所から見下ろす大海原はまさに絶景です。

 

琉球村

琉球村入口

昔の琉球古民家が立ち並び、沖縄の文化や芸能を体験することのできるテーマパークです。琉球と呼ばれた頃の古く懐かしい沖縄の様子を再現し、映画のロケに使われることもあります。

エイサー演舞などのアトラクションや伝統工芸などの体験制作ができ、沖縄独特のグルメや土産物などのショッピングにも最適です。

 

まとめ

3月の恩納村について解説してきました。

いかがでしたでしょうか?

沖縄本島の中心である恩納村には1年を通して楽しい見所やマリンアクティビティ、グルメがいっぱいです。寒さ対策と紫外線対策をしっかりして、観光シーズン直前の3月の恩納村を楽しみましょう。

itano

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK